関係先研究機関

大学院生・卒論生大募集

20040523-5瀬底研究施設では、実験所を利用した卒業研究や修士・博士論文の作成を行う学生を大募集しています。瀬底研究施設の専任教官は理学部海洋自然科学科の協力教官として講義や実験を担当するとともに、卒業研究の指導を行っています。また、同教官は琉球大学理工学研究科、環境科学専攻に所属します。同専攻は熱帯生物圏研究センター教官による独立講座です。
瀬底研究施設はサンゴ礁をフィールドに持つ我が国唯一の国立大学法人の研究機関であるため、多くの研究者が国内外から訪れます。瀬底実験所に所属する学生は専任教官の指導下にありますが、これら多くの外来者と夜遅くまで活発に議論することによって自分の専門に関する知識を深めています。これは実験所ならではのことではないでしょうか。

fune瀬底研究施設は琉球大学キャンパスから離れているため、キャンパスと同じような生活はできないかもしれません。しかし、研究材料に囲まれた好適な研究環境と研究施設の持つ一種の家族的な雰囲気は、学生諸君の人生にとって必ずプラスになると思います。研究施設自体のアクティビティや専任教官の研究活動などは、このホームページに載せてあります。瀬底研究施設に興味を持った学生諸君は、気軽に連絡してください。