熱帯生物圏研究センターの松浦 優(まつうら ゆう)助教と、産業技術総合研究所およびモンタナ大学の共同研究チームは、沖縄を含む日本各地からセミ類24 種の共生微生物(細菌と真菌)を大規模に調査し、15 種のセミから祖先的な共生細菌が失われ、その代わりに寄生性の冬虫夏草を起源とする真菌類との共生関係が何度も進化してきたことを発見しました。本研究は、動物と微生物の間にみられる寄生関係から共生関係への進化を明示しており、共生微生物の進化的な起源に関する実証例として非常に重要です。

一般的に、冬虫夏草はさまざまな昆虫類などに感染し特徴的なキノコを生やす真菌類として知られていますが、漢方に利用されてきた長い歴史があり、創薬においても免疫抑制剤などの有用な生理活性物質の産出菌として注目されていることから、今後は、亜熱帯地域の沖縄を中心とする南西諸島でもっとも多様性が高いセミ類とそれらの共生真菌を対象とした生物資源の探索、産業への応用に期待が高まります。

また、本研究では、重要な農業害虫を多く含むカメムシ目昆虫の共生真菌を世界で初めて単離、培養することに成功し、その概要ゲノム配列を決定しました。近縁な寄生菌はこれまでに生物農薬としての応用実績があり、今回得られた共生真菌株の詳しい研究が新たな害虫防除法の開発につながることも期待されます。

この成果は2018 年6 月12 日に国際学術誌Proceedings of the National Academy of Sciences USA(米国科学アカデミー紀要)にオンライン掲載されました。

【研究の詳しい内容】(リンク先:http://www.res.lab.u-ryukyu.ac.jp/matsuura_2018.html

セミの共生菌は冬虫夏草から進化した