第7回TBRCセミナーを以下の日時に行います。
奮ってのご参加をお待ちしています。

演題 天敵生物を活用した外来侵入雑草の防除
講師 黒瀬 大介 先生(英国CABI研究員)
日時 2018年2月2日(金)15時30分~16時45分
場所 熱帯生物圏研究センター分子生命科学研究施設 講義室 S110
講演概要 近年、世界中で外来侵入雑草が生態系を攪乱し、その被害が拡大している。化学除草剤では外来雑草の防除が困難であるため、原産地の雑草に寄生する天敵(昆虫・植物病原菌)を活用する防除法の開発が行われている。このうち、日本原産のイタドリは、英国を含む欧米諸国において外来生物として猛威を奮い、その防除対策が急務となっている。これまでに、演者らは、欧米諸国にはイタドリの天敵が存在しない一方、日本には昆虫および植物病原菌を含む多数の天敵が存在することを明らかにした。このうち、植食性昆虫イタドリマダラキジラミを2010年に英国野外に放飼した。得られた植物病原菌については、イタドリ斑点病菌を今後の野外散布候補株として研究継続中である。また、健全イタドリ組織内に常在する内生糸状菌に、当該病原菌による発病を助長するものを見出した。本セミナーでは、これら天敵生物を用いたイタドリの防除研究およびその現状について紹介する。さらに、イタドリ同様、英国で問題となっているヒマラヤ原産のオニツリフネソウの防除の現状について、本植物の系統地理学解析を交えて紹介するとともに、今後、原産地の天敵生物を用いた、日本における外来侵入雑草の防除の可能性についても議論したい。

詳細は添付のポスターをご覧下さい。

平成29年度 第7回 琉大熱帯生物圏研究センターセミナー