サンゴ礁生物生態分類学分野の依藤実樹子研究員・波利井佐紀准教授(瀬底研究施設)らが、2016年12月1〜4日に那覇市で開催された日本サンゴ礁学会第19回大会にて、優秀ポスター賞を受賞しました。

演題は「将来の高水温とサンゴ共生褐虫藻の変化-長期飼育実験の結果-」で、地球温暖化による海水温上昇が懸念される中、高水温がサンゴ体内の褐虫藻(共生藻類)にどのような影響を及ぼすのかを、最長3年半にわたるサンゴの飼育から調べたものです。

jcrs01jcrs02