研究内容

 沖縄県が属している南西諸島気候では一年を通して太陽光線が強く、海洋性気候の影響を受けている。このような環境下においては、物理学的 (熱、紫外線、強風など)、化学的 (塩害や降雨による土壌成分の変動など)、生物学的 (病害虫や生存競争など) ストレスも大きくなるため、沖縄に自生する植物には高いストレス防御機構が備わっていることが考えられる。これらのストレス防御に関与する分子には、動物の生体機能調節物質として機能するものも多い。当分野ではこれらのストレス防御機構に関連する代謝経路や遺伝子産物に注目し、その解明や産業への応用を目指した研究を進めている。

主な研究テーマ

  1. 亜熱帯植物由来の環境ストレス耐性に関する有用遺伝子群の発掘
  2. 長命草(ボタンボウフウ)由来抗肥満分子プテリキシンの抗肥満メカニズムの解明
  3. 長命草に含まれる機能性分子の地域特性。
  4. サルカケミカン由来植物アルカロイドニチジンの抗腫瘍効果に関する研究
  5. シビランの免疫賦活活性の検証
  • 長命草の抗肥満物質としてプテリキシンが発見され、脂肪組織と肝臓に対するその作用が明らかになりました。
    長命草の抗肥満物質としてプテリキシンが発見され、脂肪組織と肝臓に対するその作用が明らかになりました。
  • ボタンボウフウに含まれる機能性分子の地域特性
    ボタンボウフウに含まれる機能性分子の地域特性

メンバー

役職 氏名
教授 屋 宏典
准教授 岩崎 公典
助教 稲福 征志

キーワード