琉球大学熱帯生物圏研究センター 分子生命科学研究施設 〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町千原1 TEL:098-895-8943 FAX:098-895-8944 施設ホームページ

琉球大学熱帯生物圏研究センター
分子生命科学研究施設

〒903-0213
沖縄県中頭郡西原町千原1
TEL:098-895-8943
FAX:098-895-8944
施設ホームページ

 亜熱帯沖縄は生物多様性を大きな特色とする生物資源の宝庫であると同時に日本の最南端に位置する地理的特徴をもっている。本研究施設ではこのような亜熱帯沖縄の特色を生かしたバイオサイエンス研究を推進することにより、トロピカルバイオサイエンスの新領域を開拓するとともに,その成果を人々の健康や環境保全,そして地域におけるバイオ産業の創出に役立てることを目的として研究が行われている。具体的には、「遺伝子機能解析学分野」「感染免疫制御学分野」「分子感染防御学分野」「遺伝資源応用学分野」「環境生命情報学分野」の5研究分野が設けられ,特に亜熱帯生物の多様性に由来する生命資源について幅広く解析して,生物多様性創出や生態系保持の分子機構を解明するとともに、共生や感染など宿主と微生物の間に成立する重要な生命現象の成立・維持ならびに免疫応答の様態を検討する。また、これらの研究より得られた新規遺伝子や化合物、同定された微生物、等を自然環境保全、健康維持と感染防御誘導、バイオ産業創出などへ応用するなど、琉球大学の個性化につながる研究を推進している。

 本研究施設は、千原キャンパス西側の小高い丘の上にあり、平成6年に旧「遺伝子実験施設」として竣工した分子生命科学研究施設2号館(1,500m2)と、旧「遺伝子実験センター」へ改組に伴って平成15年に増築された分子生命科学研究施設1号館(2,340m2、平成15年3月竣工)から構成されている。1号館は、センター専任教員・大学院生の研究スペース(実験室、測定室、培養室、動物飼育室、植物栽培室、P3実験室、等)、管理室などで構成されており、また、全国共同利用・共同研究拠点としての活動が推進されている。一方、2号館は、熱帯生物圏研究センターの他の研究施設の教員のために研究スペースを供給するとともに、学内共同利用施設として共同利用のための機器や講義室などを設置している。

〔宿泊施設〕
 短期来訪者の宿泊施設としては、西原キャンパス内にある琉球大学研究者交流施設・50周年記念館が利用できる。また、長期滞在の外国人の宿泊施設として、同じく千原キャンパスに国際交流会館の専用宿舎がある 。