平成29年度 共同利用・共同研究公募要項

熱帯生物圏研究センターは、熱帯・亜熱帯域における生物圏に関する共同研究を、国内外の研究者と推進することを目的としており、文部科学大臣の認定を受けた関連研究者のための共同利用・共同研究拠点です。
本公募は、当センターが立地する琉球列島の地理的特徴を生かした共同研究を推進し、また、センター施設を利用した研究機会の提供を目的とします。

1. 公募区分

次の4つの区分について公募します。

区分 公募名称 内 容 支援経費 申請様式
A-1 共同研究 センター教員と行う共同研究です。 上限25万円の旅費を支援 様式A
A-2 共同研究
(海外機関)
海外研究機関に所属する研究者がセンター教員と行う共同研究です。不採択の場合はA-1(上限25万円旅費)での再審査も可能ですので、再審査を希望する場合は申請書に記載ください。 上限40万円の旅費を支援
A-3 一般研究 センター施設を利用して行う研究です。
センター教員との共同研究ではありませんが、センター教員が対応教員となる必要があります。
上限25万円の旅費を支援
B 共同利用研究会 センター教員と共同で行う研究討論・集会等です。開催期間は原則として2日間を限度とします。 上限50万円の旅費を支援 様式B
2. 申請資格

国内外の国立大学法人・公私立大学及び国公立研究機関の研究者またはこれに準ずる研究者(非常勤研究員、博士研究員を含む)を申請資格者とします。申請者に同行する研究者(大学院生含む)がいる場合は、申請者がセンターでの活動に責任を持てる場合に限り旅費の使用を認めます。

3. 利用期間

平成29年4月1日以降に開始し、平成30年3月20日までに終了すること。

4. 申し込み方法

(1)事前に当センターの関連分野の教員(センターのホームページ参照)と協議のうえ、所定の申請書を提出して下さい。公募区分Aについては、必要に応じて3年まで継続して採択する場合もあります。前年度からの継続課題で申請する場合は、様式の該当箇所に本事業による成果を記載して下さい。
(2)作成した申請書のWordファイルと、申請者及び所属長の印を押印した申請書のPDFファイルを電子メールに添付して提出して下さい。
(3)電子メールは、下記の「申請書提出先」に記載のとおり、センターの対応教員と、研究推進課共同利用施設係の双方に同時に送信してください。
(4)電子メールの件名は、「H28 共同利用・共同研究会申請」としてくだい。
(5)申請を受信後、受信した旨の連絡を琉球大学研究推進課から電子メールにて返信します。申請後1週間が経過しても返信が無い場合は、必ずお問い合わせ下さい。

5. 申請期間

平成29年2月10日(金)までに電子メールで提出して下さい。

6. 申請書提出先

(1)電子メール送信先(以下の①②に同時に送信してください)
① センターの対応教員(メールアドレスはセンターホームページに掲載しているリストを参照ください)
② 研究推進課共同利用施設係 knkuodor@to.jim.u-ryukyu.ac.jp

(2)問い合わせ先
〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地
琉球大学 総合企画戦略部 研究推進課共同利用施設係
Tel: 098-895-8036

7. 採否

センター運営委員会で審議の上、センター長より申請者に文書で採否を通知します。

8. 報告書の提出、論文発表等

(1)採択された者は、その年度末日までに所定の報告書(様式C)を上記共同利用施設係まで提出して下さい。
提出方法は、申し込み時と同様に、作成した報告書のWord ファイルと、申込者の印を押印した報告書のPDF ファイルを電子メールに添付して提出して下さい。
(2)報告された内容は、当センターの年報に掲載します。
(3)研究成果を公表する際には、当センターの共同利用・共同研究で得られた成果であることを、下記を参考に謝辞等にお書きください。また、公表された印刷物(コピーまたは電子データでも可。紙媒体の場合は2 部)を、上記の申請書提出先に提出して下さい。

<和文>本研究は、琉球大学熱帯生物圏研究センター共同利用・共同研究により実施されたものである。
<英文>This study was supported by the Collaborative Research of Tropical Biosphere Research Center, University of the Ryukyus.

9. その他

(1)当センターで使用可能な機器に関しては、関連分野の教員にお問い合わせ下さい。
(2)採択された場合は、本学の諸規程を遵守していただきます。特に、材料や試料を含めた「研究成果有体物」の持ち出し等については、「国立大学法人琉球大学研究成果有体物取扱規程」を遵守していただきます。詳細は対応教員にご確認下さい。なお以下から、関連のハンドブックが入手可能です。

MTAハンドブック(研究成果有体物の取り扱い)

資料ダウンロード

平成29年度共同利用・共同研究公募要項
熱帯生物圏研究センター共同利用・共同研究推進方策

申込書

平成29年度共同利用申請書

報告書

平成29年度共同利用報告書

教員一覧

平成29年度研究課題等


一般共同研究・施設利用申請

「各年度の共同利用研究・共同利用研究会公募にかかわらず、熱帯生物圏研究センター教員との共同研究ならびに各施設の利用を希望する方は、受入予定教員と打ち合わせの上、随時一般共同研究・施設利用申請書を提出して下さい。この場合、旅費や研究費等の支給はいたしませんが、センターの施設を利用しての研究が可能です。

1. 応募資格

国内外の大学及び国公立研究機関の研究者またはこれに準ずる研究者(非常勤研究員、博士研究員を含む)。

2. 利用期間

各年度の4月1日以降に開始し、3月31日までに終了する。

申込書

一般共同研究及び施設利用に関する申し合わせ


共同利用研究に関するご意見やご要望等





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文