熱帯生物圏における生物間相互作用の統合的解明

 多様な生物間のバランスの上に成立している熱帯の生命現象は、人間活動や気候変動により撹乱され、生物多様性の消失をはじめとする様々な問題に直面している。自然崩壊の進行が著しい今日、これらの問題はヒトを含めた生物間相互作用を基盤とする統合的視野に立って解決する必要がある。
 琉球大学熱帯生物圏研究センターは、上述の認識に基づき、熱帯及び亜熱帯島嶼域の生物群やヒトを対象として、熱帯特有の相互依存的な生物圏の形成及び維持機構の解明を目的とする教育・研究の拠点化を図るものである。

以下の項目を重点目標とする。

熱帯及び亜熱帯生物圏特有の
  1. 生物多様性の形成及び維持機構の解明
  2. 生物の生存機構解明
  3. 共生・感染ダイナミズムの解明
  4. 上記にかかわる教育・研究者の育成と社会貢献