熱帯生物圏研究センター センター長 酒井 一彦

熱帯生物圏研究センター
センター長 酒井 一彦

 熱帯生物圏研究センターは琉球大学附属の研究所の一つであり、理学、農学、工学、医学系の教員が、熱帯・亜熱帯に特徴的な生物・生態系の特性や亜熱帯島嶼の高い生物多様性の成立・維持機構の解明、生物多様性を活かした創薬や食品の開発、ヒトの感染症等への対策など、多様な研究を展開しています。琉球大学は「島嶼、海洋、亜熱帯、健康長寿」を、地域特性を活かす研究のキーワードとしており、当センターはこれら全てを研究対象としています。琉球大学附属の研究所として当センターは、これら琉球大学の特色となる研究を推進する、学内におけるコア的存在となることを目指しています。

 当センターは、琉球大学附属の研究所であると同時に、文部科学大臣に認可された共同利用・共同研究拠点でもあります。当センターは国内唯一の亜熱帯気候帯に立地する、「熱帯生物圏における先端的環境生命科学共同研究拠点」として、国内外の研究者に亜熱帯の生物や生態系を対象とする研究の場を提供しています。研究の場とはすなわち,世界的にも珍しい湿潤な亜熱帯気候と複雑な地史のもとに成立した固有種に富む島嶼群や、黒潮の影響を強く受けた、熱帯性で生物多様性が高く、陸からのアクセスが容易なサンゴ礁やマングローブ林等です。このような亜熱帯気候帯にある拠点として、当センターはフィールド研究に特化することを目指しています。当センターの西表及び瀬底研究施設は、マングローブ林やサンゴ礁などのフィールドで行う研究を集中して実施できる実験・宿泊施設を備え、瀬底研究施設では、海洋生物の飼育実験のために掛け流しの海水も供給されています。
地球規模での人為的環境変化が進行しつつある現在、我が国の温帯域は温暖化により亜熱帯化しつつあると言われています。亜熱帯気候帯にある琉球列島の現状を研究することは、我が国の温帯域に将来起こる変化を予測することにつながる可能性があります。例えば、温暖化に伴ってサンゴが我が国の温帯域で増えた場合、その海洋生態系はどのように変化するのか、あるいは我が国の温帯域が亜熱帯化した場合、ヒトの感染症がどのように変化するか等の予測が、当センターの研究成果より導かれる可能性があります。

 当センターは今後も、琉球大学附属の研究所として多様な研究を推進するとともに、共同利用・共同研究拠点として、亜熱帯気候帯における研究環境の提供を充実することを目指して参ります。引き続き皆様のご支援とご協力を、お願い申し上げます。